follow ny1971 at http://twitter.com

朝日新聞で紹介されました2009/11/08

10/22発売になつた拙著『ワインで考えるグローバリゼーション』(NTT出版)が今朝の朝日新聞の読書面「著者に会いたい」のコーナーで取り上げられました。実は先週末に京都に取材に見えられて、それが記事になったものです。ワインバー(伏見のすばらしいお店「ワインバー大元」です)で写真をバシャバシャと撮られて、三時間ほど雑駁な話をしただけなのですが、それが記者さんの手にかかるとストーリーになる不思議。

朝日購読者の方はお目に留まれば幸いです。また朝日の読書面は毎週水曜日にほぼすべての内容が、ウェブでアップされますので、朝日購読者でない方は、明々後日の水曜日にbook.asahi.comへ。

かつてほどの威光はないとの声もききますが、やはり朝日の読書面の効果は大きく、今朝amazon.co.jpをのぞくと、すでにワイン部門では1位に躍り出ていました。

今日は国際政治学会に、学会員でもないのにゲスト出演。大沼保昭先生、鈴木菫先生、渡辺浩先生という超大物のパネルに討論者として。波乱の予感。

読売新聞でも紹介されました/北京出張2009/11/29

拙著『ワインで考えるグローバリゼーション』が本日付の読売新聞の読書欄でもとりあげられ、慶応大学の渡辺靖先生が書評をしてくださいました。たいへん温かい評で感激しました。

昨日夜に北京から帰り、今日はやや遅めに起きてキャンパスへ。出張中にたまった雑用などを片付けたり、締め切りが近付いている原稿を書きすすめたりの一日でした。

北京出張は、外務省の日中学術交流事業の一環で、立命館大学の国際地域研究所と中国社会科学院日本研究所が中心となって、来年一月に実施するシンポジウムの準備会合でした。

初日は、北京の日本大使館に表敬訪問。夜は中国社会科学院主催の懇親会。

二日目は、全四セッション、まる一日のワークショップ。私も「『白銀資本』と『和平的発展』」というタイトルで短い報告をしました。生まれて初めて自分の報告に通訳がつくとい経験をしました。あらかじめ報告原稿を通訳の方に渡してあったので、アドリヴの余地がなく、平均台を渡るような感覚で話しにくいこと。

でも実は、出番が最後だったので、そこまでの議論に触発されて、アドリヴを追加したくなり、出番直前にアドリヴ部分のメモを通訳の先生にお渡ししてホラをふきました(楊先生、ありがとうございました)。

夜の懇親会後、神戸大学の加藤弘之先生のご案内で、后海と三里屯も見学。グローバルな消費都市としての北京のいまを感じました。

三日目は、朝、天安門広場と故宮を駆け足で散歩。でけー。昨日のワークショップの成果を整理し、ランチは豪勢に(といっても、ひとり2000円もかかってませんが)ラムしゃぶを食べて帰途に。

中国語ができないせいで、これまで正面からは中国を論じてきませんでしたが、今後そうもいっていられないなという思いを強くしました。個人的にもたいへん勉強になった、実り多い出張でした。